メイク しわ たるみ

刺激の少ないメイク化粧品を使ってしわを予防しましょう

女性は社会人としてもメイクをすることが必然化しています。

 

しかし知っていましたか?
メイクという行為そのものがしわやたるみなどの肌トラブルの原因になっているのだと。

 

メイクに使う化粧品に含まれている石油系界面活性剤・防腐剤などの化学物質は肌のバリア機能を弱らせてしまうのです。

 

ですが肌に害があると理解していても化粧をしない訳にはいかないのが女性の辛いところです。
先に述べた通り、一般社会は女性にメイクを求めています。
最低限ナチュラルメイク程度はしなければいけません

 

そこでどうするか?というお話です。

 

化粧が止められないなら、せめて出来る限り刺激の少ない化粧品を使うようにして下さい

 

 

メイク以外にも飲酒や喫煙もしわやたるみの原因になります。

 

喫煙は体に悪いのは社会的にも共通認識ですが、肌にはどのように悪いのか具体的に書きますと、血管を収縮させる作用のために血行が悪くなり、さらに体を錆び付かせてしまう活性酸素も大量に発生させます。

 

そしてアルコールは、これは煙草にも言えることですが、コラーゲンなどの美容成分をサポートしているビタミンCを大量消費させてしまいます。

 

しわやたるみを予防する意味でも飲酒と喫煙は控えましょう。
特に喫煙は肌だけではなく全身の発がん率も上昇させます。できるなら禁煙しましょう。

 

さて、食事も肌トラブルの原因になっている場合があります。

 

肉類や脂っこい食べ物ばかりを食べていませんか?
脂質を取り過ぎると体が錆び付いてしまいます。
肉や野菜をバランス良く摂取するようにしましょう。

 

抗酸化作用や美肌効果のあるビタミンも食事から摂取するようにしましょう。
そして量は程々に、どんな食べ物でも食べ過ぎては良い結果は生まれません。

 

しわやたるみは単純に美容成分が含まれた化粧品を塗れば治る訳ではありません。
そもそもしわやたるみができにくい肌、ひいては体作りが重要なのです。

 

肌対策の化粧品はあくまで補助的な役割です。
しわやたるみができる生活習慣を見直すのが先決です。