しわ たるみ 原因

乾燥肌はしわやたるみは加速させる!

しわやたるみができてしまう最大の原因は、やはり加齢です。

 

二十歳前後まで豊富だったコラーゲンやヒアルロン酸は年かさが増すのに反して減少していきます。
ヒアルロン酸は肌に弾力性やなどを持たせてくれる成分になります。

 

その為ヒアルロン酸の減少に伴い弾力性は失われ、弾力性が弱まった肌にはしわとたるみが形成されます。

 

更に表情筋も加齢によって弱まります。
肌のハリを保つために表情筋は重要な役割を担っています。歯医者で麻酔をされた後に顔の筋肉に力が入らず口元がだらしなく緩んだことはありませんか?

 

この事例からも分かるように肌を支えるためには表情筋の力が必要です。
その表情筋が加齢で衰えてしまうと、それに支えられている肌は重力に逆らえず下に落ちてしまいますので、しわやたるみができてしまうのです。

 

また加齢により肌から水分が失われ乾燥肌になる事もあります。
しかし乾燥肌の原因は何も加齢だけではありません。
長時間紫外線を浴びたり、エアコンの乾燥した風に晒されたり、メイクに含まれている成分が原因で肌の乾燥がより進んでしまうのです。

 

たかが乾燥、なんて侮ってはいけません。

 

乾燥することによって、肌の持つ外的刺激を防ぐ機能が弱くなってしまい、刺激を避けられなかった肌にはしわやたるみといったトラブルが発生します。

 

それを予防するためには、第一に保湿化粧品などでしっかりと肌を保湿することです。
それから日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行い、エアコンの使用は程々にしましょう。化粧品も刺激の弱いものにして不必要に厚塗りしないで下さい。

 

加齢はどうすることもできませんが、原因が加齢以外なら対処できます。
しわやたるみを抑えるためには地道なスキンケアが必要なのです。