目の下のしわ 保湿ケア

目の下のしわ、諦めるのはまだ早い

いつの間にかできてしまった目の下のしわ、お肌のたるみが原因の場合は、そのたるみを解消することでしわを薄くすることが可能です。

 

マッサージも有効なのですが、目の周辺の皮膚は薄く刺激にとても弱いので強い力で施すと逆効果になってしまいます。低刺激を意識して優しくマッサージしましょう。

 

そしてお肌は何より乾燥を嫌います。さらに目の周辺の皮膚は保湿力が弱いので、念入りに保湿を行ってやる必要があります。

 

しわができる前からお肌のケアを始めるのは当然ですが、それでも目の下などにしわができてしまった場合には、

 

・しわ対策用の化粧品(化粧水・美容液・クリーム・パック)を使用
・マッサージ
・美顔器
・美容整形
・再生医療
・皮膚科・レーザー治療
・ヒアルロン酸・ボトックス治療

 

などが考えられます。
この他にもエステなどの肌ケアのプロに任せてしまうしわ対策があります。
しかしこれは、クリニックなどで行うヒアルロン酸やプラセンタの注入にも言えることですが、高い効果を得られる代わりに相応の値段が請求されます。継続して行える方は余りいないのが現実でしょう。

 

高いお金を払わないためにも、大事なのはやはり日々行うスキンケアの積み重ねです。

 

自分で行えて比較的費用の安い対策はしわ用の化粧品を使うことやマッサージですね。
特に有効なのは化粧品などを利用した徹底的な保湿です。

 

しわの原因で最も多いのが乾燥です。乾燥したためにできてしまったちりめんじわなどには化粧水や保湿効果が高いクリームなどできちんと保湿しましょう。

 

加齢によるたるみが原因のしわには肌の奥まで美容成分が行き届くように、浸透力の高い美容クリームなどを使用して手入れをして上げましょう。

 

しわができてしまっても30代・40代で諦めるのはまだ早すぎます。
諦めないでケアを続ける事が大切です。